雪の中でイタリアンジェラート

昨日は湖山支部の皆さんとJA鳥取いなばの専務さんと懇談しました。

今日は岩永さんと党勢拡大活動をしました。

「野田総理は、3月に予算を通したら解散総選挙に打って出るかもしれません。日本共産党は中国ブロックで、中林よしこさんに代わって、石村さんをぜひ当選させたいと思いますのでよろしくお願いいたします」。

皆さんピンと来ない感じでした。

しかし、政権交代した民主党に対しては、出るわ出るわ堰を切ったように話されました。

「民主党に少しは期待したけど、まったく期待外れ。そうかといって自民党もダメ。橋本さん(大阪市長)のように即行動するような人がおらんだろうか」。

今の政治の不満が、こんな形で表れてきているんだ!

岩永さん、橋本さんの危険なところを口角泡を飛ばして主張。

TPP問題で話をしようと、橋本牧場へ。

イタリアンジェラートが評判だ。

岩永さん初めてだそうで、ジェラートを……

雪の午前中は、さすがお客さんもなく、暫らく談笑(日曜版約束後です)。

ご主人が最近イタリアに行かれたとかで、「井上ひさしさんが ”イタリア何んとか(聞いたんですけど忘れてしまいました)という小説でそこのことを書いておられますよ。いいところらしいですな」と岩永さん。

「井上ひさしさん、そんな小説があるんですか」と本好きのご主人。話がはずんでいた。

さすが、博学の岩永さん!

わたしは、生姜ジェラートもあるな、柚子もあるとジェラートに見入っていた。

TPP,原発、消費税、沖縄、福祉、雇用問題など赤旗を広げて対話できた。

3人の方が日曜版購読を約束してくださった。

岩永さんと別れ、残っている集金と配達にむかう。

雪が降り出した。

嫁さんからメール「お姑さん、おもちは何時ツクんですか。30日は今日ですよ」。

そうだ、30日につくといってコメをかしていたんだ……

 

Share on LinkedIn

カテゴリー: 文子の備忘録   パーマリンク

雪の中でイタリアンジェラート への2件のコメント

  1. 岩永尚之 より:

    先日は、どうもありがとうございました。ジェラードアイスうまかったです。ところで、井上ひさしさんの本は「ボローニャ紀行」という題名です。以前にブログでも紹介していたと調べたら、2009年7月19日の私のブログに書いていました。それも、「サラベル鹿野&しかの心」という記事で、偶然にも鹿野がテーマの記事でした。よろしかったら読んでみてください。
    良いお年を。

    • 田中 文子 より:

      ありがとうございました。2009年7月19日のブログ読ませていただきました。本当に偶然ですね。井上ひさしさんの「ボローニャ紀行」ぜひ読みたくなりました。